「ひまわり甲子園」に参加してきました

3月10日、福島市内で行われた「ひまわり甲子園」に参加してきました。
福島ひまわり里親プロジェクトの1年の総まとめのイベントでした。

そもそも福島ひまわり里親プロジェクトとは…、
全国の皆さんにひまわりを育てて頂いて、そのひまわりの種を福島県内に蒔き、
福島の街をひまわりでいっぱいにして福島を元気にする!
東日本大震災の後、福島県と全国各地との絆作りや原発事故被害の風化対策のために、

NPO法人チームふくしまの皆さんが展開している活動です。

縁あって、なごみでもそのプロジェクトの仲間に入れて頂きました。
福島のために何かできることはないかと、個人、学校、地域、会社等々でひまわりの里親になり、
大切に育ててくれた種を、選別したり小分けしました。
そのほかにもたくさん仕事を頂きました。
そして、たくさんの里親さんがなごみを見学に来てくださいました。
福島を日本を思う皆さんの気持ちに胸が熱くなるばかりでした。

ひまわり甲子園には、全国から里親さんが来ていました。
ひまわりを通していろいろな人に出会えました。
皆あたたかい。
なごみの仲間は、ひまわりの歌(福井県の小学生が作った歌)と
こんにゃく体操を披露してきました。
会場の皆さんも一緒に歌って踊ってくれてうれしかったです。

※写真はひまわりの歌を熱唱中!

あの震災から、今日でまる2年ですね。
午後2時46分 皆で黙祷しました。